www.shenyangcb.xyz

どこにでもあるビギナー向けの外為取引の書籍では、「損失が生じた時はナンピン買いすることで平均の買い付け価格をコントロールする事が出来る」と助言されていたりしますが、実際はナンピンにはかなり大きな落とし穴があると思います。まずは、ナンピン買いのやり方についてごく簡単に述べます。仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。$買いだから円安になればなるほど儲けが出るわけですが思い通りに行かず95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。その状況でポジションを維持し続けたら損失が回復するまでには、損した分、円安ドル高が進まなければならない。マイナスは早く回復したいと考えます。この状況を乗り切るためはじめに買ったのと同じ量の$を95円で売買します。それによって、ポジション全体の単価は97円50銭まで下げることができますその結果、2円50銭の幅で円安に推移すれば赤字を回復する事ができます。これが、ナンピンのやり方です。このように、ナンピン買いの仕組みを耳にすると、「納得だ」という気分になるが、そう易々と思った通りにはなりません。もとより、95円が底だということなど、なんびとも分かるわけがありません。もし、為替相場がかなりのドル安基調であるならば、1ドル95円では収まることなく、より一層ドル安になる可能性はあります。97.50円でナンピンをした時に、1ドル95円までドル安になったらナンピン買いした分についても差損が生まれます。こういう状況では一番初めに注文したドルとトータルで2倍の為替差損が生じます。それゆえ、ナンピンはややこしいです。それでは、為替相場が自らの台本とは逆向きにさっと向う場合、どういった対策で危機を軽減すればいいのでしょうか。ここで選択する選択肢は多くはありません。まずひとつめはあきらめて、ポジションを閉じる事です。ふたつめはあなたが持っている買いポジションを小さくする事によって改めて市場が元のようになるのを黙って待つ事です。かなり受動的なやり方だと言う投資家もいると思います。だが、持っている買いポジションに差損が生じた時妥当な術はこれよりいいものは考えられない。無論、理論としてはナンピンをするという対策も効果的です。だがしかしナンピン買いは、自分がマイナスになっている場面にもかかわらずポジションを減らすどころか、逆にポジションを重ねていく考え方です。この対策では、危機を回避することなどどこをどうやっても不可能だと考えるべきです。ナンピン買いをし続けられればいつの日にか利益を上げられるかもしれません。しかし、それ以前に投資資金がマイナスになってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.shenyangcb.xyz All Rights Reserved.