www.shenyangcb.xyz

自動車を持っている方は承知だのはずですが自動車税の納税義務があります。それでこの税金は査定に出すクルマ買取時に還付されるのです。これについては本当にやってみると簡単に頭に入ってきますがでははじめから順に簡単に紹介しましょう。事前に補足するとすれば国内で生産されたクルマのみに限らず海外の車でも税金が還付される範囲に決まっています。愛車も当てはまります。車を所有している人が支払い義務を負う税金ですが、自動車の排気量の大小によって決められています。1リッターより小さいのであれば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までなら34500円。これからは500ccずつ5000円増えます。この税金は4月1日現在ののオーナーが年度内の金額を納付する事になっています。事前納付になるので、当然ですがクルマを手放して、オーナーでなくなったケースは先払いした分のお金は戻ってくるのです。自動車税は先払いで年度内の税金を支払いますから、一年以内にクルマを売却した際は、新たな保有者が税金の納付義務を負うということです。売却相手が専門店なら買い取り時に払いすぎた金額を返してくれます。まとめると所有権を手放した瞬間以後の税は、新たな保有者が納税義務を負います。もし自分が10月中に自動車を引き取ってもらった際は11月以降来年3月いっぱいまでの払ったお金は返金されます。というのは前述した通り自動車税は一年分を先に支払っているということから来ています。ということは前オーナーは売却相手に自動車税を返してもらうということなのです。個人的に自動車を引き取ってもらう場合結構このような重要な知識を忘れている人が多くいるので、ぜひ確かめるようにしなければなりません。自動車税が車を売った際に戻ってくるという事実をほとんど知っている人がいないからと言って、それを悪用している買取業者もあるのです。自分から税金についての話題を出さなければ全くそのことに関して言わないという場合もよく見受けられます。そのため愛車の売却をする時には自動車税が返金されるのかどうかの確認を忘れないようにしてください。

Link

Copyright © 1996 www.shenyangcb.xyz All Rights Reserved.